日々のあれこれと写真と
by lovestones
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:the old days( 9 )

思い出の花見

当時私はとある会社の営業事務をしていた。
部長はまだ若くて、営業部員も私より若いコが多かったので、楽しい職場ではあったのだけれど。それにしても。

3月下旬のある日、事務所に害虫駆除の業者さんが入ることになった。午前中いっぱいかかるということだったので、うまくすれば休み、悪くても午後出社だと喜んでいたら、部長がニコニコしながら

花見でもするか!
・・・・・TへT ハイ、ヨロコンデ

定時出社時刻の9時半に代々木公園に集合ね、だって。
そして、私を呼んで

営業マン2人と営業車貸すから、人数分のマック買ってきて。部費から出していいから。

えええええーーーっ!
50人分のハンバーガーですかーーー?!

うん。あとコーラもね。
ん?ひとり1個じゃ足りない?じゃあ80個くらい用意してね。



当日朝。言いましたよ、最寄のマックのカウンターで。

ハンバーガー80個とコーラ50個 あと、フィレオフィッシュとアイスティーね <私の分。このあたりがB型

カウンターのお姉さんに3回くらい聞き直された。そりゃそうだ。伝説になってるよ、たぶん。


忘れられない花見になりました。
いいお天気で桜も満開な代々木公園の日曜午前中に怪しげなスーツ姿の集団。もう二度と体験できない。つか、したくない。まわりの家族連れやカップルの視線の痛いこと・・・
b0061010_132632.jpg

みんな元気にしてるかなあ。
[PR]
by lovestones | 2005-04-13 13:08 | the old days

こんなニュースで

Excite エキサイト : 社会ニュース

横浜山手聖公会 火災

1回目の!結婚式をした教会。
ほとんど思い出すこともなかったけど、画像を見たとたんにフラッシュバックが・・・
あのときの牧師さんがやけどされたのかしら。早く良くなりますように。

再建できるのかなあ
とてもきれいな教会だったのに、とても残念。
数少ない、いい思い出のうちのひとつだったのに。
永遠の愛、なんて誓ったのにな~
短い永遠だったよ ^^;
おかげで現実的になったけどね。
[PR]
by lovestones | 2005-01-06 12:07 | the old days

sympathy

共感。共鳴。

とても感性の似ているヒトと付き合ったことがある。
何もいわなくても同じものを見て、同じものを感じることができた。

生まれるときに分かれてしまった自分の半身を探してたんだ、なんて言ってた。

カレといたとき、ふしぎな体験をした。
電話ボックスにいた人が、通り過ぎて振り向いた瞬間消えたり
花火をしてたはずの場所に誰もいなかったり

見なかったことにしようねってよく言ってたけど
あれは、なんだったんだろう

見えないものが見えたり、感じたりするという人はまわりにいるけれど
その人と一緒にいても、いまの私には見えないし、感じない。
あとにも先にも、カレといたときだけ。
それだけ特別だったということなのかなあ。

幸せにしているだろうか。していてほしいなあ。
[PR]
by lovestones | 2004-12-21 23:12 | the old days

Delight Slight light KISS

1998年冬発売の松任谷由実のアルバムが
コンポ周りを片付けていたら出てきたので、久しぶりにかけてみた。

当時、シーズンになると毎週末スキーに行っていた。<スノボじゃないとこが・・・
付き合っていた彼がうまくなりたくて一生懸命だったので
金曜の夜中に出て土日滑って帰ってきたりしてた。
ゲレンデでも車でもずーっとかかってたのがこのアルバムで

すっかり思い出に浸ってしまって片づけが進まない。


どうしてどうして僕たちは出会ってしまったんだろう 

どうしてどうして私たち離れてしまったんだろう

どうしてどうしてできるだけやさしくしなかったんだろう



*リフレインが叫んでる 1988 yumi matsutoya
[PR]
by lovestones | 2004-12-14 13:05 | the old days

誰かを泣かせる恋は長続きしない

らしい。

私は元同僚に1年ぶりに会うために、初めてその町に行った。
彼女が「ここ前に来たことがあるから」とドアを開けたその店で、私はカレに会った。

たぶん、隣のテーブルに座っていたんだと思う。
どういういきさつで電話番号を聞かれたのかは覚えていない。
当時は携帯はおろかポケベルでさえ個人で持っている人は少なかったので、うちの番号を。
結婚していることもそのとき話している。

数日後の昼間、カレから電話があった。
1時間くらいムダ話をしたあと突然「映画でも行きませんか?」

結婚指輪がストッパーになる、と思っていた。


甘かった。


カレと会ってから離婚するまで3ヶ月弱。
遅かれ早かれ離婚していたと思うけど <身もふたもない
結婚生活が1年しか持たなかった原因の1つにはなりました。
[PR]
by lovestones | 2004-12-10 20:51 | the old days

バツ

1コついてます。

「結婚」がしたかったときにたまたまそばにいた人が結婚しようといったので結婚した。




長続きするわけないよね。
たった1年で親を泣かせる羽目になりました。
[PR]
by lovestones | 2004-12-08 22:19 | the old days

なまたまご

平らなところで割らないと殻が入るって
大人になってずいぶんしてから教わった。

いつもたまごを割るときに
彼のことを思い出す。
[PR]
by lovestones | 2004-11-19 23:40 | the old days

誕生石はトパーズ

b0061010_1427622.jpg
とても若かった頃、ヒカリモノは買ってもらうものだった。

それから紆余曲折あって、20代後半には
高くても
気に入ったのを自分で買うようになっていた。
その頃の職場は結構良いお給料だったしね。人使いも荒かったけど。



上下ともインペリアルトパーズ・ダイヤモンド
上18金×プラチナ900
下プラチナ900
[PR]
by lovestones | 2004-11-18 14:42 | the old days

もし

今暮らしている町は
ずっと前に大好きだった人が住んでいたところ。
彼は結婚して、もうこの町にはいない。
あのころとは景色もずいぶん変わって
待ち合わせした改札も
好きだった喫茶店ももうない。

それでも
ときどき彼を想い出す。

もし、また会えたら。
[PR]
by lovestones | 2004-11-17 23:47 | the old days